熱海の喫茶店事情
熱海散歩番外編

熱海は、何故か非常に広くて、素敵過ぎる喫茶店が多数ある。

しかも、そんな喫茶店はどこもレトロ感満載

最近はやりのニワカレトロではなく

熱海のラッピング現象※のおかげで

古くからずーーーーーーっと改装もしないで続けていてくれている

喫茶店がいっぱいある。

初めてそんな喫茶店に入ったのが、

パインツリー

c0037300_2337062.jpg


未だにインベーダーゲームができるんです。

かわいいプリンアラモードに釘付けになりながら、不得意なゲームに興じてみたりして。。。。

それはともかく、

熱海はなぜこんなに広くてまったりできる喫茶店がいっぱいあるのか。

今回の熱海マルシェの熱海街歩きツアーで物知り玉三郎さまに教えていただいたのだ。

熱海は昔から温泉街 ということで、全盛期には芸者さんがたっくさん(数は忘れました)いたそうです。

みんなお座敷前に一斉に髪結いさんに殺到し、美容院は大混雑。

したがって、入ったばかりの下っ端の芸者さんは、どうしてもはやーーーーくから

髪結いをしてもらい、日本髪でお座敷まで過ごさなければならなかった。

そして、喫茶店。

そう、熱海に古くからある喫茶店は、若い芸者さんたちの  

暇つぶし&くつろぎの場だったのでした。

そんなことを思いめぐらしながらパインツリーで食べるプリンアラモードは、

なんとも素敵なおしゃれデザートに変身するのでした。

※ラッピング現象と勝手に呼んでおりますが、熱海はかつてはめちゃめちゃ栄えて、すんばらしい
街並みを作ったのだけれど、長いあいだ客足が途絶え、多分最新式に改装する費用もなく、昔のままの
熱海の街並みがずっとラップをかけられてように現在まで残っていたという
勝手な見解です。
[PR]
by osusumenu | 2016-04-21 23:48 | 古き良きもの
<< 歴史ある喫茶店の、芸術的パフェ... 姫シャガの白が咲き始めました >>