3丁目の夕日
見てきた場所は、藤沢中央
3階のエレベーターを降りると向かって右手にチケット売場があり、
そのすぐ向かいが入り口になっている。
少し時間があったので、近くのベローチェでコーヒーでも飲もうかなぁ
と思っていたのだけれど、チケットを買って振り向くと、既に「もぎり」のオジサマが
にこにこしながら手を差し伸べている。
入るとすぐに売店が。
「水出しコーヒーあります」
で、せっかくなので注文。
「2分ほどかかりますので、ロビーでおまちください。」
売店の先を見ると、小さなソファが数個並べられている、ロビー(?)
があった。そのロビーの右隣がトイレ。
男子トイレと女子トイレの間に数段あがる階段があり、
そこを上がると映写室になっている。
こういう小さな映画館にくると、何もかもが無駄な空間無く
コンパクトにまとまっていて、安心させてくれる。
おきゃくさ~ん、コーヒー入りました。
コーヒーの入ったカップの右にはフタがおいてあり、
左にはガムシロップ、ミルク、砂糖、かき混ぜ棒が整然とカゴに収まっている。
その3点の先にはゴミ箱。
「お好きなものをどうぞ」
お客を戸惑わせない安心感。
ん~なんか久々にいい映画館に来たなって思った。

さて、予告上映もなく映画が始まる。
映画「3丁目の夕日」
30年代でまくり~。
この映画、ドラマで前にやってるのかなぁ?
それとも覚えていないだけで、漫画読んだのかなぁ。。。
なんかデジャヴでした。
あらすじは色んなヒトが書いているので割愛。
一押しは、看板
ホーローの看板が各所に出てきます。
路面電車にもいろんな看板が取り付けられていて
グっときちゃいますよん♪
それからレトロなお顔の俳優さんたち。
堤真一さん、薬師丸ひろ子さん、子役の須賀健太くん、ちょこっとだけ出てくる小日向文世さん
みなさんレトロ顔でいい味だしてます。

真後ろにカップルがいたんだけれど、その男性。
中盤からずーーーーっとお鼻じゅるじゅるしてました。
そして、終ったあとの会話
彼女「ね~私ずっと泣きっぱなしだったよ~~~♪」
彼氏「そうかぁ?」
彼女「えーーーーーっ!泣かなかったのぉ?信じられない」
彼氏「いや、ちょこっとだけ泣いたよ」

なんだかココロ和む映画でした。
おしまい。

長文失礼いたしました。

写真は、映画の中に一杯出てきた看板のレプリカをカバンにつけた図です。
c0037300_19362694.jpg

[PR]
by osusumenu | 2005-12-05 19:36 | オススメイガ♪
<< スパルタヨガ(?) Z3で撮ってみました。 >>