鎌倉鶴岡八幡宮骨董市
通称「八幡様」 鎌倉鶴岡八幡宮で、骨董市が開かれるという情報を耳にして、
仕事をほったらかして、庭に水やりだけして飛び出してしまった。
最近、古い着物の帯地をカバンに仕立てるのがマイブーム。
木綿や麻の比較的キレイでしっかりしたものをゲットしよう考えた。

で、片道徒歩40分ほどかけて現地に到着。
あ~疲れたよ~。
もちろん途中ウィルキンソンスポット(自販機)で缶をゲット。
で、着くなりり面白い現場に出くわした。
ものすごく繊細な木彫りのブローチやらペンダントを売っている店があって、
1個1個手にとって見ていると、杖をついたおじいさんがスタスタと寄ってきた。
店員さんすかさず出てきて、

「これは手作りの木彫りのペンダントですよ~とてもいいものです」
    老人 「幾らで売ってるんだい?」
「800円です。いかがですか~大人気なんですよ~。」
    老人 「安すぎる(怒)もっと高く売らなきゃダメだ!!」
「は?」
    老人 「これはオレが作ったんだよ。そんな800円なんて価値じゃね~」
「えっ。。。。。。申し訳ございません。安すぎますか。そうですよね~むにゃむにゃむにゃ」
    老人 「どこで手に入れたんだよ」
「いえ、あの、その、業者仲間から買い取ったもので」
    老人 「誰なんだよ。」
「いや、あの、その、わかりません」
(爆)
以下省略。。。。
お店の人の必死の説明で、老人も最後は笑顔になり、住所交換とかしてました。

で、この会話を全て隣で聞いていた私は、2つばかりそのブローチが欲しかったのですが、
1600円払うのも何となく申し訳なくなり、全て聞き終えてから、その場を去ったのでした。
1個くらい欲しかったなぁ~。

で、お目当ての帯地はというと、、、、お高くて手が出ませんでした~   
c0037300_19421587.jpg

[PR]
by osusumenu | 2006-08-27 19:45 | オススメモ
<< シーゲルのお弁当 夏の屋台メニュー第2弾(お好み... >>