<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
パン ドゥ フィグ。
え~イチジク入りのパンです。
カンパーニュ生地の1次発酵前にイチジクを1センチくらいに切ったものを
混ぜ込みます。
今回は生地を2つに分けてフランスパンみたいに棒状にのばしてみました。
レーズンとはまた違った味わいです。
c0037300_1441374.jpg

[PR]
by osusumenu | 2005-07-31 14:42 | 手作りおすすめにゅ
今、相撲が熱い!!
相模じゃありません。念のため。
今場所、久々に相撲を見た。(もちテレビでね)
武双山(なんか字違う?)がやめちゃってから、どうも
見る気もしなかった相撲なんだけれど、
ありゃりゃ、なんて面白い!!
白い外人さんたちが、一生懸命ぎこちないなりにシコをふんでる姿。
負けじとがんばるモンゴル勢
そして、個性的な日本勢
賛否両論あるけれど、いろんなお国のおすもうさんたちが
一生懸命日本で、がんばってる姿って、やっぱり感動します。
もちろん個性あふれる日本人力士もとっても魅力的。
若貴ブームのあたりから、なんかダレてきていたお相撲だけれど、
今、相撲が、熱いです。今年は一度くらい両国に見にいきたいなぁ♪
チャンスがあれば、露鵬にロシア語で話しかけてみたいなぁ♪

http://futenou.ameblo.jp/

↑このブログ、結構人気らしいです。

写真と本文は関係ありません。
c0037300_2023075.jpg

[PR]
by osusumenu | 2005-07-29 20:02 | オススメモ
アナカリスの花
金魚用の水草の代表、アナカリス。
こんな可憐な花を咲かせました。
花びらが3枚、花の直径が7ミリくらい。
c0037300_1029068.jpg

[PR]
by osusumenu | 2005-07-26 10:29 | オススメモ
パンドカンパーニュ風レシピ
今日は、レーズンとくるみがむき出し。。。こねた後に、レーズン&くるみ入れ忘れました。
ヤバ!と気づいたのは1次発酵の後だった。仕方ないので、つん、つん、と上から挿していったのであ~る。

ってことで、作り方を簡単にご説明いたします♪
材料
国産小麦100パーセント強力粉250グラム
玄米胚芽粉50グラム(または全粒粉)
砂糖大さじ1,5
塩小さじ1
インスタントドライイースト3グラム
水190CC
くるみ(生で味のついていないもの)適量
レーズン(有機栽培で油がついていないもの)適量

くるみをオーブントースターの弱で、3分くらい焼く(こがさないように)
40度くらいのお湯100CCに砂糖3~4グラムを溶かしておく(分量の一部)
ドライイーストを陶器の器に入れて、砂糖を溶かした湯をそそぎ軽く混ぜて15分ほど放置
ボールに粉と砂糖(残り)塩をいれ混ぜておく。
発酵したイースト液をボールに注ぐ。
残りの水(90CC)を注ぐ
最初はスプーンでしっかりとかき混ぜ、大体まざったところで手でしっかりと混ぜる。
手やボールに付かなくなったら、ボールにたたきつけるようにこねていく
(台の上でやったほうが楽かも)
10分ほどこねたらレーズンとくるみを入れて均一になるまでこねる。
ボールにラップをして温かいところで30分
一度かるく潰して再び丸めてラップをして温かいところで生地が1,5倍に膨らむまで待つ
(1次発酵)
再び軽く潰して丸めてラップの上に取り出し、軽くぬらしたキッチンペーパーをかけて20分放置
(ベンチタイム)
その間に空いたボールを綺麗に洗って水気をふき取り、サラダオイルを塗ったあと、小麦粉と玄米粉を混ぜた粉をたっぷり付けておく。
ベンチタイムが終ったら、軽く潰して丸めてボールに戻して、温かいところで生地が2倍に膨らむまで待つ。(30分~1時間)
オーブンを220度に暖めておく。
発酵が終了したら、天板の上にキッチンペーパーを敷き、ボールの中の生地を逆さに出す。
かわいいおわん型になる。
たっぷりと霧吹きで水を吹きかけて220度で7分(出来ればその間2回ほど霧吹きするとぱりっとあがる)本では10分でした。
終了後180度に落としてアルミホイルをかけて30分。本ではアルミホイルをかけるとは書いていませんでした。
焼きあがったら、取り出して網の上でさまして出来上がり~。
オーブンの種類によってぜんぜん違うみたいです。いろいろと試してみてください。
文章で書くと大変そうだけれど、意外と簡単です。
c0037300_17245184.jpg


天然酵母育て中。泡がでてきました。
c0037300_1725430.jpg

[PR]
by osusumenu | 2005-07-14 17:25 | 手作りおすすめにゅ
パンドカンパーニュ風玄米胚芽パン
こんなん出来ました~♪
中はレーズン&くるみ。
そして、玄米胚芽粉が入っているので、香ばしい~。
外側ぱりっぱり。中はしっとり~。
c0037300_18421615.jpg
c0037300_18422929.jpg

[PR]
by osusumenu | 2005-07-13 18:42 | 手作りおすすめにゅ
小田原名物「鯛めし」
駅弁シリーズ第3弾!!

小田原というと、何を思い浮かべますか?
カマボコ、城、えーーーっと。あとは。。。。ういろう?
私は断然「鯛めし」
本当の鯛めしじゃなくって、東華軒の小田原駅弁の
鯛めし
シンプルで美しい。
茶飯の上に、魚のデンブが一面に乗っかっている。
おかずは、ミニちくわ、かまぼこ(小田原だし)、しいたけの煮物、大根のつけもの、
わさび漬け、そしてアサリの佃煮、そして小梅。
むか~しからほとんど変っていない。
アサリの佃煮は、しょうがの味が効いていて、とっても美味。
今ではどこでも手に入るのがちょっと淋しいけれど、やっぱり懐かしい
定番の味なのであ~る。
1個
c0037300_148495.jpg
710円
[PR]
by osusumenu | 2005-07-13 14:07 | お土産
手打ちパスタに挑戦だ!!
そうだ!パスタ!作ろう!
と思い立ち、早速作ってみた。
こんな分量表発見!!
小麦粉300グラム
塩小さじ1
油大さじ1
卵2個
こんなにたくさん作っちゃうと、後が大変なので、
小麦粉150グラム、塩ひとつまみ、卵1個、油大さじ半分に変更
混ぜても混ぜてもまとまらない。
どういじくってもこの分量では、まとまらない。
んで、油がたりないのかなぁ?
追加。嫌な予感。。。。
まとめるのを断念した。
湯を沸かして、指でつまんで引きちぎって平らに伸ばして、茹でてみた。
うわぁまずそ~。
c0037300_15151936.jpg

そして食べてみた。物凄くまずい。
クッキーを茹でたような食感。

こんなはずではない!
と、ネットで検索検索~
卵1個と小麦粉100グラムというのが、基本的な分量です。
だって、な~んだ!!油を足さないで、卵を足せばよかったのかぁ。
ということで作ったのがコレ。
c0037300_15175641.jpg

卵1個、小麦粉100グラム、油大さじ半分、塩ひとつまみ。
バッチリでした。1分半くらい茹でて、たらこふりかけをかけただけのパスタだけど。
プリップリで美味しい~~~♪皆さんお試しください~。
ちなみに、激マズのパスタの生地が大量に残ったので、黒蜜を加えてクッキーにしてみました。
ハードなクッキーになりました。
それなりにウマかったです。
[PR]
by osusumenu | 2005-07-07 15:20 | 手作りおすすめにゅ
アメリカンビスケット
ローラのかあさんの作るビスケット。
みたいな味の
ベーキングパウダービスケット。
アメリカに住む知人からレシピを送ってもらって作ってみました。
チョー簡単なので、日ようのブランチにお試しください。
c0037300_131738.jpg

材料:小麦粉2,5カップ、ベーキングパウダー小さじ3杯、塩小さじ2分の一
    ベジタブルショートニング3分の1カップ(大きめスプーン3杯)、牛乳1カップ

オーブンを225度に暖めておく(トースターの場合は200度くらい)
粉と塩とベーキングパウダーをふるう。
ショートニングをいれ、粉の中で、ナイフとフォークを使って切り刻み、小さくする。
牛乳を加え軽く混ぜる。
粉をひいた大きめのまな板に混ぜた生地を載せ、2センチくらいの厚さに伸ばす
※かなりべとべと状態なので、表と裏に粉をつけよう。
コップなどを使って丸く型抜き。
オーブンシートに載せて約12分ほどで焼き上がり~。

砂糖がはいらないので、スープ、シチュー、カレーなんかをつけてたべたり、
バターを塗って、蜂蜜やメープルをかけたりしてもいい。
プレーンのほか、生地にチーズ、バジルを加えたり、お粉を変えてみたりしてもグッドです。

注意点は、とにかく混ぜすぎないこと。軽やかに~軽やかに。
[PR]
by osusumenu | 2005-07-05 13:17 | 手作りおすすめにゅ
げっげるまにぅむ?
知人が一押し!!するゲルマニウム温浴ってヤツに行ってきました。
怪しげな雑居ビルの5階。誰かに紹介されなくちゃ、行かれないよなぁ~~~。。
ビルの入り口奥に小さなエレベータ、その先には非常階段。
さて、勇気を振り絞って、エレベータをあがると。。。。
エレベータのドアが開いたら、そこは店の入り口。
うわぁちいさっ!!カウンタにいくと、綺麗なおねえ様が出迎えてくれた。
奥を見ると、お茶をのみながら雑誌をめくる若い女性が3人。その奥には、
ありました。げるまにうむ温浴器とでもいうのでしょうか?
理科の実験室にあるようなステンレスの流しが足元と下から80センチくらいのところに
付いている。
まずはお着替え。簡単な更衣室で、短パンとTシャツ着替えると、
綺麗なおねえさんが待っていてくれて、熱いお絞りをくれる。
コレで手と足をしっかりと拭いてからお湯に浸かってくださいね。
と、理科の実験室流しの前に案内された。
周りの女性(みな若い)は、うっとりした表情で、その巨大流しに浸かっている。
へ~そんな気持ちいいのかぁ♪と、期待しつつ、足と手を入念に拭いて
ちょっと濁ったお湯に足を。。。。。。
あっつ~~~~~~~!!!!
綺麗なおねえさんに、
ちょっと熱いですね。
というと、
そうですか?すぐ慣れますよ。42度に設定してます。

熱いのを我慢しながら、腕と足をつける。
腕はそれほど熱くないのだが、とにかく足が熱い。じりじりしてくる。
右と左を交互に出しながら、我慢すること20分。
じりりりりr~ん。
たいむあ~っぷ。
出たあとの足をみると、まるで赤いソックスをはいているようであった。

感想:うっとりするほど気持ちがいいものでは無かった。とにかく熱いです。
    ワシのような落ち着きの無い人間には、20分じっとしているのはつらすぎる。
    (テレビとかあるといいのになぁ)
    肩こりが消えた。

ということで、近々また行ってこようっとぉ。

※注意 ワシが行ったところは、純粋にお湯に浸かるだけなので、無理な勧誘等一切なかったですが、店によってはいろいろ併設している場合がありますので、店選びは慎重にしてください。感想は、全てのひとに当てはまるわけではありません。
写真と本文は、関係ありません。
c0037300_14365255.jpg

[PR]
by osusumenu | 2005-07-02 14:36 | オススメモ